髪の長さ15cmからできるヘアドネーション。髪の寄付によって小児がんや脱毛症のお子さまに医療用ウィッグをプレゼントする活動です。

受付時間
10:00 ~ 16:00
(土・日・祝定休)

美容室・サポート店ページはこちら

ウィッグプレゼント数
肌優・すずさら:699人 
フルウィッグ:553人

15cm以上31cm未満の髪は長期受付休止中です
(再開時期については未定です)

ご存知ですか?

10月19日は『医療用ウィッグの日』

10月19日は医療用ウィッグの日
10月19日は医療用ウィッグの日

2016年に医療用ウィッグの日が誕生しました

つな髪運営企業の株式会社グローウィングは安心・安全な医療用ウィッグの普及、ウィッグを必要とする人たちへの理解を目的に2016年に日本記念日協会へ申請、10月19日は「医療用ウィッグの日」に制定されました。

その同じ年の6月にヘアドネーションのつな髪が誕生。

寄付活動を通して、医療用ウィッグの普及や認知、共に支え合う優しい社会づくりに取り組んでいます。

医療用ウィッグの日ロゴマーク

どうして10月19日なの?

病院のマークが漢字の十に似ているので数字に置き換えて10月、「ウィッグ」の語呂合わせで19日となりました。

10月19日の新聞に時々このロゴが登場していたことがありますが皆さん知っていましたか?

医療用ウィッグの日 誕生秘話

グローウィングが医療用ウィッグの会社としてスタートした2008年はまだまだおしゃれなヘアスタイルの医療用ウィッグはなく、「医療用ウィッグは気になる部分を隠すもの」というイメージがありました。

それが、徐々に医療用ウィッグでもおしゃれを楽しみたいという人たちが増えてきて、多くのウィッグの会社が医療用ウィッグを販売し始めました。

もちろんデザイン性が高いウィッグも増え、いろんなウィッグを選べるようになったことはとても良かったのですが、一方であまり良くない品質のウィッグも「医療用ウィッグ」と名前を付けて販売されてしまうということが起こりました。

そこでグローウィングはだれもが安心してウィッグを選べるように、安全な品質で楽しい毎日が送れるように、医療用ウィッグの正しい知識を発信し多くの人に認知してもらおうと考えました。

その取り組みの一つとして医療用ウィッグの日を記念日として制定したのです。

私たちが目指す医療用ウィッグについて

医療用ウィッグの正しい知識とはどんなことでしょうか?

医療用ウィッグの役割

病気や治療により髪に悩みを持つ人が、髪を失う前と同じ日常生活を過ごし、「髪を理由に何かを諦める」ということのない環境をつくることが「医療用ウィッグ」の役割だと考えています。

 

医療用ウィッグの品質

使用する人のQOL(*quality of life=生活の質)を向上させる品質であること

  1. 治療中の人でも安心して着用できる素材であること
  2. 人目が気にならないほど自然なウィッグであること
  3. 自分の髪のようにおしゃれを楽しめること

私たちはこの3つを『医療用ウィッグの定義』としてウィッグの開発や品質の向上に取り組んでいきます。

差別・偏見のない温かい社会づくり

この記念日をきっかけに、「医療用ウィッグを必要とする人達がいる事」を知ってもらいたいという想いも込められています。

社会には病気や治療などのさまざまな理由でウィッグを必要とする人たちたちがいます。 

その人たちが抱える問題や叶えたい未来について周りが少しでも関心を持つことができれば、今よりももっと暮らしやすい社会をみんなで作れると思うからです。

私たちはこれからもより多くの人に医療用ウィッグを知ってもらえるよう活動を続けています。

\ Follow me! Share me! /

※ SNSの個別の返信は行っておりません。ご質問はお問い合わせフォームにお願いいたします。

活動報告

ヘアドネーション報告

2022年 10月31日
つな髪寄付者数
136,000人達成しました!
ウィッグプレゼント数
肌優®・すずさら 699
フルウィッグ  553

寄付者メッセージ特集
医療用ウィッグプレゼント報告

2022年 11月26日更新
皆様の想いの詰まったウィッグを、プレゼントさせていただきました。寄付にご協力下さった皆様ありがとうございました。

新プロジェクト
WDP報告

2022年4月30日受付終了
162人分/目標150人分
医療用ウィッグ制作費を募り、小児がん病院へたくさんのウィッグをプレゼントする企画。
温かいご支援いただき誠にありがとうございました!

10月19日は
医療用ウィッグの日