髪の長さ15cmからできるヘアドネーション。髪の寄付によって小児がんや脱毛症のお子さまに医療用ウィッグをプレゼントする活動です。

受付時間
10:00 ~ 16:00
(土・日・祝定休)

美容室・サポート店ページはこちら

このページに掲載されている内容(テキスト)は、
お子さまの夏休みの自由研究にもご使用いただけます。
ぜひお役立てください

Q1.どんな人が必要とするの?

医療用ウィッグを学ぶ

A.髪に悩みを抱えている方がウィッグを必要とします

抗がん剤治療による脱毛、脱毛症、抜毛症、薄毛など髪にお悩みを持たれている方がウィッグを使用しています。

それぞれの症状と原因をご紹介します。

抗がん剤治療による脱毛

ガンになるとガン細胞を無くしたり増えるのを抑えるために、抗がん薬を使用した抗がん剤治療が始まります。

抗がん薬は、細胞分裂が早いがん細胞を攻撃します。そのため、正常細胞のなかでも分裂が早い毛母細胞(もうぼさいぼう髪のもとになる細胞、毛根の細胞)も攻撃してしまい脱毛が起こります。

抗がん剤治療を受けると、薬の種類や個人差によって異なりますが、大体治療を開始して2~3週間目くらいから脱毛が起こります。通常抗がん薬による治療は何回かくり返して行うので、抗がん薬を行っている間は脱毛が続きます

また、治療が終わってからの髪の回復にも個人差があり、治療が終わってから1ヶ月前後で髪が生えてくる方もいれば、その後脱毛がしばらく続いてしまう方もいます。

治療法が発達し、治療をしながら仕事にいったり学校に通うことも出来るようになった反面、脱毛と付き合いながら生活する必要があります

 

脱毛症

脱毛症には数多くの種類があり、「脱毛した」といっても、原因も症状も様々です。原因が違えば治療法も異なり、回復するかどうかの経過も違います。小さな10円玉ほどの円形脱毛症から範囲が広がってしまう症状のものまで様々です。

毛髪は、毛包(もうほう)という小さな器官で産み出されます。

よく見られる円形脱毛症は成長期の毛包がリンパ球の攻撃を受けて壊されてしまい、毛髪が育たなくなり脱毛部分が生まれます。どうして、自分のリンパ球が自分の毛包を攻撃してしまうのか、その理由は完全には分かっていませんが、現在では毛包を標的にした自己免疫病だと考えられています。

膠原病(こうげんびょう)、代謝病、消化器病などの全身病、過激なダイエット薬の副作用、あるいは頭皮の細菌などの感染症湿疹皮膚炎腫瘍(しゅよう)でも脱毛することがあります。これらのときは、その原因となる病気の治療が優先し、多くはその病気が良くなれば毛も回復します。

 

抜毛症

抜毛症は自分で髪をひき抜いてしまう疾患です。

なかには眠っている間に、無意識に引き抜いてしまう場合もあります。

抜毛症の原因は、多くの場合が精神的ストレスと言われています。

 

薄毛・欠乏症・無毛症

年齢を重ねるごとに毛髪は少しずつ細くなります。原因はさまざまですが、ホルモン量の減少ストレス生活習慣などが原因とされています。

中には生まれつき髪が薄い方もいます。乏毛症(ぼうもうしょう)または無毛症(むもうしょう)といい、脱毛症とは区別しています。縮れ(ちぢれ)毛を伴っていることもあります。日本では、ある酵素の遺伝子の異常で乏毛症になることが多いことがわかってきています。現時点ではこれらはほとんど治療方法がないと言われていますが将来的には治療法が開発される可能性もあります。

 

やけどや手術による脱毛

髪の細胞に問題がなくても、頭皮に痕が残ってしまうようなやけどや、頭部の手術の傷がある場合、その部分だけ髪が生えてこなくなってしまう方もいます。

そのまま皮膚が完治せずに痕が残ってしまう場合、脱毛が回復しない場合が多いと言われています。

 

\ Follow me! Share me! /

※ SNSの個別の返信は行っておりません。ご質問はお問い合わせフォームにお願いいたします。

活動報告

ヘアドネーション

2021年 7月21日
つな髪寄付者数
110,000人達成しました!
ウィッグプレゼント数
肌優®・すずさら 348人
フルウィッグ 409人

医療用ウィッグを
プレゼントいたしました!

2021年 4月14日
京都大学医学部付属病院小児科様に皆様にご寄付いただいた髪で作製した『肌優®』をお届けいたしました。